結婚での相手の年齢の違いの許容範囲

結婚

結婚について

結婚での相手の年齢の違いの許容範囲

歳の差カップルという言葉がありますが、結婚の場合には、本人たちがそれで良ければ、あまり関係はないということになります。
一緒に暮らしてみれば、常に相手と一緒にいるので、本人たちがそれで良ければ、それが普通になります。
それほど違和感がなく暮らすことができます。
それよりは、将来どうなるかということを考えてみるべきかもしれません。
年齢差があるということは、年齢の高い方が早く高齢化します。
その時に介護をすることになります。
そうなると当然若い方に介護の負担がかかります。
年齢が高い方が包容力や経済力があるというメリットもありますが、少子高齢化の社会では、年齢が高い方の高齢化ということも考えておく必要があります。
とくに経済力は重要なので、経済力に余裕があるという条件も重要になります。
これも一般論ということになりますが、結婚の場合、常識的に考えて、時の経過を予想するということも重要になります。
時は同じように過ぎていくことになるからです。